大石酒造::蔵にまつわる四方山話

創業のころ

大石酒造の創業者、大石長次郎が焼酎製造免許を手にいれたのは明治32年と言われております。 これは自家用酒製造禁止が施行された年であり、国は自家用醸造禁止の代わりに共同醸造を認めました。 長次郎も最初、ほかの二名と共に共同醸造で始めましたが、2年後は単独で事業を継続し、今日に至っております。

写真は弊社に現存する最も古い公簿と呼ばれる大蔵省(現財務省)より配布されたと思われる製造帳です。 明治44年度のものです。

製造帳-閉 製造帳-開